タグ別アーカイブ: 岩葉純希

林檎裁判

林檎裁判はかつて赤ずきんと呼ばれた女の子が自分を穢した男たちに復讐するダーク系漫画です。
赤ずきんメイジーはおばあさんのお使いに行く途中、オオカミに襲われてしまいます。

有名なストーリーですが、このオオカミとは男たちのことであり、男たちは赤ずきんを寄ってたかって性的に食べてしまいます。
もちろん嫌がって抵抗する赤ずきんですが、複数の男たちに力で対抗できるはずはなく、そのまま男たちに弄ばれてしまいます。

悲劇の結果、赤ずきんメイジーの魂は現世にとどまり続けることとなります。
メイジーの魂は林檎に閉じ込められ、ずっと復讐の機会を狙っていたのです。

このメイジーの林檎を手にするのは夜宵(やよい)という女の子。
かつて男たちに弄ばれそうになったのですが、その場にいた友達を見捨てて逃げたことによって事なきを得ています。
しかし、ヤられまくる友達を見捨てたことはずっと夜宵の心の傷となっており、友達に謝りたいとも願っていました。

そんな折、レイ撮という集団が暗躍していることを聞きつけた夜宵。
レイ撮なら行方不明になった友達のことを知っているかもしれない、あわよくば復讐もできるかもしれないと考えます。
しかし、女の子一人でレイ撮に立ち向かっても以前の様に全く敵わない可能性も高いのです。

何とか力が欲しいと思っていた夜宵。
そこに現れたメイジーは夜宵に力を貸すことを提案します。
メイジーこと赤ずきんの力を得た夜宵は、友達の行方探しと復讐を始めるのですが・・・

夜宵の想いもあるのですが、メイジーはメイジーで復習を目的としており、勝手に男たちに制裁を加えたりしています。
同床異夢の夜宵とメイジーは無事目的を果たすことができるのでしょうか・・・
「林檎裁判」はこちらから読めます。