タグ別アーカイブ: チンジャオ娘。

飼育小屋少女は可愛い!

飼育小屋少女はとある田舎の学校に赴任した教師が主人公です。
田舎に行くと見知らぬ風習があって驚いたりするなんてことはよくあるので覚悟はしていたのですが、今回の赴任先は衝撃的でした。

赴任する学校に着いて先任に案内をしてもらったのですが、よくある田舎の学校かなくらいにしか最初は思いませんでした。
しかし、最後に案内された校庭で彼の判断は間違っていたことを思い知らされます。
なんと、裸の少女が飼育小屋に入れられていたのです。

驚く彼に先任者は「獣ですよ。人間によく似ていますが」とまるで気にしていないようです。
しかし、彼から見ると、飼育小屋の少女はどう見ても人の女の子です。
飼育小屋の少女は不思議そうな顔で彼のことを見ています。

先任者も不思議に思ったようなのですが、「ああ、都会では珍しいんでしたんね」くらいの感想しか言いません。
なぜこんなことが許されるのか、全く理解できない彼ですが、どうやら、この田舎では飼育小屋少女は「獣」として認識されているようです。
その証拠に学生たちも飼育小屋の少女をニワトリか何かのように扱います。

あまりのことに衝撃を受けると同時に、彼の中には別の感情が沸き起こります。
それは、恋心。
実は飼育小屋の少女はとてもかわいらしく、惚れるには十分すぎるほどだったのです。
しかし、それはおそらくこの田舎ではタブーとされていることです。

それでも彼の中の想いは日に日に強くなっていきます。
ある日遂に我慢しきれなくなってその少女がいる飼育小屋に向かう彼ですが、そこでとんでもないものを見てしまいます。
少女は檻の中で同種の雄の交尾相手をさせられていたのです。
たしかに飼育小屋のニワトリは雄と雌がいます。
それと同じように「獣」の雄と雌がいても不思議はありません。

まさかの事態にショックを受ける彼。
しかし、遂に彼は少女を助ける決心をします。
それは飼育小屋の中に忍び込んで少女を奪ってしまう行為に他ならないのですが・・・・

ご近所すぎセフレ

もしも出会い系アプリを使っていたら家族と出逢ってしまったらをいうif系漫画です。
出会い系アプリを使う理由なんて2つしかありません。
1つは彼女が欲しいから。2つ目は今いるパートナーに飽きたか不満を感じているからです。

1つ目の理由の場合、人にバレてもそんなにダメージはありません。
出会い系アプリで恋人を探しているのはどうかと思いますが・・・・
問題は2つ目です。
既にパートナーがいるのに新しい出会いを求めていることは浮気または不倫になってしまうので、ばれたときのダメージが半端ないのです。
ちょっとした火遊びのつもりが大ヤケドを追ってしまうということにもつながりかねません。
それでも出会い系アプリを使うのはやはりエッチしたいからでしょう。

しかし、本当にヤバイのは出会い系アプリを使ったら家族と出逢ってしまった時です。
毎日顔を合わせる間柄なのに、言い訳のしようがない事態に陥ってしまうのです。
1つ目の場合はまあギリギリ許容範囲でも、2つ目の場合は完全アウトです。

家族にばれてしまったら、どんな手を使ってでもパートナーに言わないよう口止めしないといけません。
出会い系でご近所セフレを探す場合、このような状況に陥ることだけは絶対に避けないといけません。
でないと、相手の言いなりになるしかなくなってしまうのです。
もはやご近所すぎどころではない話なのですが、これが実際にあったらどうなるかをシミュレーション・レビューで見ることは可能です。
その結果は皆さんのご想像通りになってしまいます。

ちょっと考えればわかりそうな話なのですが、これができないのはよっぽどパートナーに不満があるからと考えてもいいでしょう。
パートナーがしっかりしていればわざわざリスクをとって出会い系アプリなんて使わないはずですしね。
一度バレてしまうともうパートナーは完全に蚊帳の外。
パートナーにばれないように「相手」に全力で尽くすしかありません。

そうすると、余計にパートナーとの関係は希薄になって行くという負のスパイラルが待っています。
その先にあるのは・・・大体想像はつきますね。

姉がゆるすぎて弟は心配です。

姉がゆるすぎて弟は心配です。はチンジャオ娘。と煙ハクのおねショタ漫画です。

性格のゆる~いお姉ちゃんはいつも弟のハルに心配をかけてばかりです。
天真爛漫でスタイルも良いので学園での人気は抜群なのですが、それだけに余計に心配していしまうハルくん。
いつか悪い虫がついてしまうのではないかといつもはらはらしながら見ています。
(父親みたいですね・・・)

そんなハルの心配をよそにふわふわしているお姉ちゃん。
もちろん何も考えていないわけではなく、いつもハルに迷惑をかけていることを気にしていました。

ある時お姉ちゃんはスーパーで怪しそうなオッサンに声をかけられます。
オッサンは芸能プロダクションのマネージャーであり、お姉ちゃんのスタイルならすぐに人気が出て稼げるバイトがあると誘ってきます。

せめて家計にお金を入れてハルを楽にしてあげたいと考えていたお姉ちゃんはそのバイトを受けてしまいます。
ところがこのオッサンが”怪しそう”ではなく、完全に黒の”怪しい”人物だったのです。
オッサンは水着モデルの撮影会と偽ってお姉ちゃんを誘い出します。

人を疑うことの知らないお姉ちゃんはまんまと騙されてしまい、オッサンのいいように使われてしまいます。
さらに契約するためにはエッチな事をしないといけないと訳の分からないウソまでつきます。
それでもすんなり信じてしまうお姉ちゃん。
ほんとうにゆるすぎます。弟が心配する理由も判りますね。

完全にオッサンのオモチャにされてしまったお姉ちゃん。
それでもはハルに心配をかけない様に黙っています。
これがさらに悪い結果を招くとも知らずに・・・

やがて、お姉ちゃんのゆるさは評判になり、ついにハルの耳にも届くことになってしまいます。
しかし、その時はすでに遅く、ハルもお姉ちゃんと一緒にオッサンの企画に出演させられてしまいます。