夏のオトシゴ

アイスピックの『夏のオトシゴ』は絵柄も綺麗でストーリーもよくまとまっている漫画です。
事細かに語られるタイプではなく、かなりの部分を読み手の想像力に任せる描き方なので、裏事情などを想像しながら読める珍しいタイプだと思います。
特に、物語のラストの部分は、夏のオトシゴというタイトルにふさわしい終わり方であり、この後に起こるであろう事態をいろいろ連想させるかたちになっており、秀逸です。

主人公である一ノ瀬香奈はごくごく普通の女子校生。
特に目立ったところもなく、クラスでも注目されたりすることはないけど友達ともそこそこうまくやっている子です。
こんな子が『夏のオトシゴ』というタイトルだけでもいや~な感じの事件に巻き込まれてしまうなんて想像もつきませんね。

ところが、この事件に巻き込む遠因となった人物もまた意外でした。
この人物は一ノ瀬のクラスメイトで、一ノ瀬より更に目立たない男子生徒です。
クラスメイトも、まあ名前くらいは知っているという程度の存在感の薄い人なのですが、この人が一ノ瀬に告白をしてくるのです。

普通の漫画なら、実はこの男子生徒がゲスで、一ノ瀬を狙っていたといきそうなところですが、『夏のオトシゴ』この男子生徒は見た目同様人畜無害です。
この時点では、この男子生徒と付き合い始めたことが、どうオトシゴに結びつくのか、全く分かりません。
それどころか、ごくごく普通に交際して時間はかかってしまいますが、しっかりと結ばれるのです。
一ノ瀬もこの男子生徒と話しているときは本当に楽しそうで、初めてエッチする時も恥ずかしがりはしても嫌がったりはしていないのです。

タイトルとは全く逆方向に進んでいく一ノ瀬と男子生徒の交際ですが、実はここに落とし穴がありました。
一ノ瀬も年ごろの女の子なので、好きな人のとなりにいるときは少しでもおしゃれしたいと思います。
ごくごく普通の発想なのですが、実は一ノ瀬は今まで地味だっただけで、素はかなりの美人なのです。
かくして、クラスにしっかりおしゃれした美人が急に現れることになります。

悪いことに、一ノ瀬と男子生徒は付き合っていることをクラスメイトに知られないようにするために学校ではそのことを隠していました。
つまり、周囲は一ノ瀬はフリーだと思っていたので、あちこちからちょっかいを受け始めます。

このちょっかいを出してきた男の一人が、夏のオトシゴの犯人でした。
半ば強引なやり方で一ノ瀬と男子生徒の間に割り込んできたこの男。
一ノ瀬の気持ちなんて全く考えもせず、自分の欲望のためだけに動きます。
当然、男の目的は一ノ瀬を寝取る事。
こうして『夏のオトシゴ』の役者がそろい、悲惨な現実が幕開けとなるのです。

ちなみに、アイスピックの『夏のオトシゴ』では、後日談は語られていません。
読者の想像に任せてある部分なのですが、できれば続編として『夏のオトシゴ2』を出してほしいですね!!

飼育小屋少女は可愛い!

飼育小屋少女はとある田舎の学校に赴任した教師が主人公です。
田舎に行くと見知らぬ風習があって驚いたりするなんてことはよくあるので覚悟はしていたのですが、今回の赴任先は衝撃的でした。

赴任する学校に着いて先任に案内をしてもらったのですが、よくある田舎の学校かなくらいにしか最初は思いませんでした。
しかし、最後に案内された校庭で彼の判断は間違っていたことを思い知らされます。
なんと、裸の少女が飼育小屋に入れられていたのです。

驚く彼に先任者は「獣ですよ。人間によく似ていますが」とまるで気にしていないようです。
しかし、彼から見ると、飼育小屋の少女はどう見ても人の女の子です。
飼育小屋の少女は不思議そうな顔で彼のことを見ています。

先任者も不思議に思ったようなのですが、「ああ、都会では珍しいんでしたんね」くらいの感想しか言いません。
なぜこんなことが許されるのか、全く理解できない彼ですが、どうやら、この田舎では飼育小屋少女は「獣」として認識されているようです。
その証拠に学生たちも飼育小屋の少女をニワトリか何かのように扱います。

あまりのことに衝撃を受けると同時に、彼の中には別の感情が沸き起こります。
それは、恋心。
実は飼育小屋の少女はとてもかわいらしく、惚れるには十分すぎるほどだったのです。
しかし、それはおそらくこの田舎ではタブーとされていることです。

それでも彼の中の想いは日に日に強くなっていきます。
ある日遂に我慢しきれなくなってその少女がいる飼育小屋に向かう彼ですが、そこでとんでもないものを見てしまいます。
少女は檻の中で同種の雄の交尾相手をさせられていたのです。
たしかに飼育小屋のニワトリは雄と雌がいます。
それと同じように「獣」の雄と雌がいても不思議はありません。

まさかの事態にショックを受ける彼。
しかし、遂に彼は少女を助ける決心をします。
それは飼育小屋の中に忍び込んで少女を奪ってしまう行為に他ならないのですが・・・・

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

女の子が落ちてくると言うと、ほぼ全員があのアニメを思い出してしまうほどメジャーな設定ですね。
しかし、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」では空から落ちてくるなんて浪漫のある話ではありません。
この物語では部屋の天井をぶち抜いて女の子が落ちてくるのです。
もはやこの時点で浪漫のカケラもないのですが、ある意味現実味があって親近感がわきます。

この「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」では都会の片隅にある集合住宅が舞台です。
この集合住宅は周囲の人間が近づかないところにある、ある意味で陸の孤島です。
何しろ建物自体が古すぎて近づかないと人が住んでいると思えないのです。
しかし、その建物はきちんと人が住んでいます。
集合住宅なので、借り手と貸し手がちゃんと存在しており経済活動をしているのです、傍から見るとただの廃墟ですが。。。

ちなみにこの集合住宅の管理人兼大家は清水酸という若くてキレイな女の子です。
これだけきれいならどこからでも引く手あまたのような気がしますが、何故このような場所で働いているのか謎です。
この清水さん以外にも謎の人物はたくさん登場します。
2階に住んでいる女優になりたい女の子もその一人です。
どうやら舞台女優を目指しているようなのですが、劇団にも所属せず自分の部屋で練習をしています。
もしかしてソロなのでしょうか?

1階の住人である相川もかなりの怪しさです。
フリーターで夜勤オシゴトをしているようなのですが、あまり稼いでいないようなのです。
まだ若く、給料のいい仕事もできるようなのにボロい集合住宅に甘んじるほど手取りは少ないようです。
このように謎だらけの集合住宅なのですが、お互いの交流はほぼありません。
相川と女優志願の女の子があったのも、集合住宅の床が壊れて女の子が落ちてきたことから知り合ったのです。
そして、落ちてきた先は最悪の場所だったのですが、これはまた別の話。

そして、この騒ぎにさすがに管理人である清水さんも驚いて部屋に入ってきたのですが、そこで見たのは相川と女の子が絡んでいるすごい状況だったりします。
何から何まで予想外の「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした」。
ダークな感じがするかもしれませんが、作中はライトなノリで進んでいくのでおすすめです。

H妹とド変態せっくすは日常的にエッチしまくり!

妹がHすぎてヤバいお話です。
可愛い妹が一人暮らしをする主人公の家に入り浸っているだけでもハプニングが期待できて十分面白いのですが、そもそもエッチ従っていると判ればさらに期待が高まります。

そんな期待をしていたある日、妹が布団の中に潜り込んできて「好き」と告白してきます。
これだけでもうフラグがたったも同然です。
その場でエッチしてしまいます。

主人公は十分それで満足できたのですが、ところが妹はそれだけでは満足しませんでした。
実は妹はかなりのド変態で、普通のセックスでは満足していなかったのです。
妹は一度エッチをしてしまえば、後はもう障害はないと思ったのでしょうか?

その日以来、ものすごいアプローチが始まります。
しかも、そのアプローチの方法がエロすぎるのです。
エロすぎて既にド変態の領域に達しているのですが、これはアプローチにすぎないのです。
アプローチの後は本命のド変態セックスが待っています。
H妹とド変態セックスの日常はそれまでの常識を覆すのに十分でした。
妹は初めて見るようなエロいアイテムを次々と取り出してきて調教してほしいとお願いしてくるのです。
そのお願いの仕方もツボを押さえたエロさなので、つい断れずに妹の望むド変態プレイをやってしまいます。
こんなことが毎日続くと、本当にヤバいのですが、気持ちいいしH妹も悦ぶのでやめられないというぜいたくな悩みです。

織田nonの服従宣言は夜のお供!

服従宣言と聞くとただならない状況であることは判りますよね。
現代日本においてはよほどのことがない限りこんな宣言はしません。
そんな宣言をしてしまったら負けを認めてしまったようなものですから。

競争社会で敗北あるいは服従宣言をするということはそれだけへヴィなものです。
織田nonの服従宣言ではなぜ、服従宣言なんてしなくてはならかったのかが克明に描かれています。
むしろ、その宣言を出すまでの物語です。
その後の物語は語られていませんが、どんなことになってしまうか想像に難くありません。
小説「新世界より」のような読後感の悪さはないのですが、罠にはめる側とはめられた側の心理的なせめぎあいがあります。

多くの争いと同じように、事の発端は些細な事でした。
しかし、わなを仕掛けた側に積極的な悪意があったことや、はめられた側が何度も判断を誤ってしまうといったことが重なり、中盤以降は取り返しがつかないことが明確になってきます。
それでもなんとか耐えてやり過ごそうとするのですが、罠にはめた側はそんなことを許さないように二重三重に仕掛けを作ります。

織田nonさんは画力が高いのでそのあたりの細かい駆け引きがうまく描かれていると思います。
しかし、読んでいるとワナにはめられた側がもうちょっと知恵を働かせてもいいのではないかと思ってしまう部分がたくさんあります。
でもこれは客観的に見ているからそう思えるだけで会って、当事者になってしまうと全体を見渡せず判断を誤ってしまうことは歴史が証明しています。
物語では自体が悪い方へしか進みませんが、それは夜のお供として優秀ということでもあります。
織田nonさんの描く人妻はものすごく綺麗でセクシーなので、見ていて楽しめます。

もしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったら

言わずと知れたひぐま屋さんの代表作である「もしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったら」です。
DMMをみても圧倒的な販売数を誇るこの漫画ですが、人気の秘密は何といってもふんわりした女の子ではないでしょうか?
色白で優しそうなお姉さんがエッチに誘ってくれるシーンはどの作品でも抜群にいい感じなのですが、「もしも近所にHなサービス…」は特にいい感じです。

登場するのは銭湯の店長である長瀬あきさんと従業員のカレンちゃん。
ふたりが「本洗い」というサービスでご奉仕しまくってくれます。
ふたりとも積極的で何でもやらせてくれるので、本洗いは大人気です。

恐らく1日に何人も「本洗い」の相手をしているので全身ドロドロになっている可能性はあるのですが、銭湯なのですぐに洗い流せるのもポイントです。
さらに銭湯で本洗いを頼むのは恥ずかしいという人には低温サウナ(半個室)でゆっくり本洗いを楽しむことができます。
値段は本洗いの倍しますが、それでも3000円です。
あまりに低価格なのでちょっと夕食代をケチればすぐに本洗いを楽しめてしまうわけです。

ちなみに、女湯にも本洗いサービスがあります。
従業員の三輪くんは小さいのでおねショタ状態です。
同級生のお母さんを本洗いしたりしています。
お母さんも三輪くんの本洗いが気に入って自分の娘を連れてきたりとやりたい放題です。

もはや銭湯ってなんだっけ?と考えさせられる状態ですが、みんな気持ちよくて嬉しくなれるwin-winの関係なのでこれも銭湯の生き残り戦略として考えればありかと思います。
こんな銭湯が近所にあったら絶対毎日通ってしまいそうです。
最近は家に風呂がついていることがほとんどですが、銭湯のお客は減り続けているそうですが、こういうサービスがあればお客が激増することは間違いない気がします。

でも、作中ではお客であふれかえっている描写はありません。
多分、お客が増えすぎるとあきさんやカレンちゃんが倒れてしまうのであまり宣伝しておらず、常連客だけが知るサービスになっているのかもしれません。

誰もオレが判らないならエッチな悪戯しまっくても問題ないだろ

もし、だれにも存在を気付かれないようになったら・・・そんな忍者のようなことができれば人生勝ち組も同然ですよね。
なにしろ、誰も(オレ)自分のことが判らなくなるので、社会的制裁を受ける確率が限りなくゼロになるのです。
法律も良識もすべて無視しても誰も判りません。

しかし、一方で害悪も生じます。
誰もオレが判らないならではいいことばかり書かれていますが、誰も判らなくなってしまうと会話も成立しませんし、そもそも窓口などで買い物すらできないのです。
そこにいるのに完全に社会から隔絶された状態。
それが”誰もオレが判らない”状態です。

もっとも、この状態は害悪だけではなく利点もあります。
どちらかというと利点の方が大きいくらいです。
まず、可愛い子にエッチな悪戯をし放題になります。
エッチな悪戯をされている子も、周囲もそれに気づかないのでどれだけ悪戯しても問題ないのです。

この悪戯はちょっとスカートをめくるとか、胸を触るとか言ったレベルではなく、セックスまでできてしまうのです。
しかも、やられている女の子は全く気がつきません。
それもそのはず、誰もオレが判らない状態だからです。
どんなにイタズラされても気づかずに、友達と談笑している女の子はある意味現実離れした光景です。

しかし、誰からも存在が判らなくなってしまうとエッチな悪戯をしても全然問題ないのですから恐ろしいです。
そして、この状態は一時的なものではなく、半恒久的なものです。
つまり、どんなにやっても絶対にばれないので、悪戯しない方がそんな状態です。

しかし、半面では害悪の部分も半恒久的に続くので、どっちが良いかは好みが判れるところだと思います。

ご近所すぎセフレ

もしも出会い系アプリを使っていたら家族と出逢ってしまったらをいうif系漫画です。
出会い系アプリを使う理由なんて2つしかありません。
1つは彼女が欲しいから。2つ目は今いるパートナーに飽きたか不満を感じているからです。

1つ目の理由の場合、人にバレてもそんなにダメージはありません。
出会い系アプリで恋人を探しているのはどうかと思いますが・・・・
問題は2つ目です。
既にパートナーがいるのに新しい出会いを求めていることは浮気または不倫になってしまうので、ばれたときのダメージが半端ないのです。
ちょっとした火遊びのつもりが大ヤケドを追ってしまうということにもつながりかねません。
それでも出会い系アプリを使うのはやはりエッチしたいからでしょう。

しかし、本当にヤバイのは出会い系アプリを使ったら家族と出逢ってしまった時です。
毎日顔を合わせる間柄なのに、言い訳のしようがない事態に陥ってしまうのです。
1つ目の場合はまあギリギリ許容範囲でも、2つ目の場合は完全アウトです。

家族にばれてしまったら、どんな手を使ってでもパートナーに言わないよう口止めしないといけません。
出会い系でご近所セフレを探す場合、このような状況に陥ることだけは絶対に避けないといけません。
でないと、相手の言いなりになるしかなくなってしまうのです。
もはやご近所すぎどころではない話なのですが、これが実際にあったらどうなるかをシミュレーション・レビューで見ることは可能です。
その結果は皆さんのご想像通りになってしまいます。

ちょっと考えればわかりそうな話なのですが、これができないのはよっぽどパートナーに不満があるからと考えてもいいでしょう。
パートナーがしっかりしていればわざわざリスクをとって出会い系アプリなんて使わないはずですしね。
一度バレてしまうともうパートナーは完全に蚊帳の外。
パートナーにばれないように「相手」に全力で尽くすしかありません。

そうすると、余計にパートナーとの関係は希薄になって行くという負のスパイラルが待っています。
その先にあるのは・・・大体想像はつきますね。

ガキに戻って犯りなおしっ!!!

ある意味最強の種付け漫画です。
最終的には登場する女の子全員が種付け対象になってしまいます。

主人公はオナニーが趣味のオッサン。
もっとも劇中ではオサーンではなく、ガキの姿で登場します。
ガキにもどってしまった理由はネタバレになるので考察サイトに譲ります。

このガキのすごいところは身体はひょろひょろでクラスメイトの女の子とケンカしても勝てるかどうか怪しい所なのですが、息子だけは異常にでかいのです。
経験豊富な女性ですらあまりのデカさにまじまじと見てしまうほどなのです。

ガキはこの息子を武器に手当たり次第に女の子をおとしていきます。
尤もガキの主目的は子作りではなく、女の子たちへの復讐です。

復讐が主目的なのでやることがえげつない上に容赦ありません。
「もうやめて!!」「助けてぇ!!」といった悲鳴がいたるところで上がります。
それでも止めずに最後までやりまくるガキはある意味すごいです。

ちなみに、このガキは復讐するだけではなく、全く関係ない女の子にも手を出してしまいます。
ガキの姿を利用して相手の油断を誘い、一気にオトしてしまうのです。

ムスコがあまりにでかいので一度狙われた女の子はそれ以来病みつきになってしまうらしく、最後のハーレムエンドでは全く関係ない女の子も何気に参加していたりします。
ここだけ見ると復讐なんてどうでもいいのではと思ってしまいます。

しかし、このガキは復讐はきっちり行っています。
復讐を終わらせた後、元の姿に戻る方法が見つからなかったので、そのままハーレム化したというのが実情のようです。
ちなみに、このオッサンはガキにもどった時に時代も一緒に戻ってしまったので、未来に起こることが判るのです。
そのため株で稼ぎまくってハーレムを維持するだけの収入は得られているようです。

しかし、このすさんだ生活を見てみると他に事業を営んでいるようには見えません。
つまり、ガキがオッサンの年齢になるころには未来のことが判らなくなってしまっているのです。
もしかすると、オッサンの年齢になったころにはまた最底辺の生活に戻ってしまうのかもしれません。
尤も作中ではそこまで語られていないので、そこは読者の想像に任せると言ったところでしょうか・・・?

オレの妹は思春期で発情期

主人公は姉と妹の3人兄妹です。
もっとも、姉は海外留学中で普段めったに会わないので、実質の兄妹は妹の葵だけです。
昔は可愛かった葵ですが、女子校生になって友達に影響されたのか兄である主人公のことをとにかくウザがるのです。

思春期なのでこんなものかと思いたいところですが、毎日のようにバカにされているとさすがに嫌になってきます。

そんな折、両親から家族旅行で温泉に行こうと言われます。
仕方なく参加することにした主人公ですが、なんと言い出しっぺの両親が旅行当日に別の用事で行けなくなってしまいます。
あの葵と二人きりで温泉旅行なんて考えられないので、やめようかと提案する主人公ですが・・・

「絶対温泉行くっ!!」

何故か葵は強硬に温泉行を主張します。
(こいつ、こんなに温泉好きだったっけ?)
疑問に思いながら結局二人で温泉旅行に行くことになってしまいます。

ところが温泉絵余光はトラブルが続発!
豪華な貸し切り湯に入ろうとしたら、先に入っていた葵と鉢合わせてしまったりします。
慌てて出ようとしたら濡れた床で滑ってしまう主人公。
なんと葵と一緒に倒れて挿入してしまいます。

とんでもない確率のラッキースケベです。
ところが、これを皮切りに葵の様子が少しずつ変化していきます。
(こいつ、発情している・・・?)
なんて疑ってしまうほど積極的に誘ってくる葵。

元々可愛い葵の誘いに抗いきれなくなった主人公。
何とかガマンしてきたのですが、葵の可愛い寝姿に理性の意図が切れてしまい・・・!?