オレの妹は思春期で発情期

主人公は姉と妹の3人兄妹です。
もっとも、姉は海外留学中で普段めったに会わないので、実質の兄妹は妹の葵だけです。
昔は可愛かった葵ですが、女子校生になって友達に影響されたのか兄である主人公のことをとにかくウザがるのです。

思春期なのでこんなものかと思いたいところですが、毎日のようにバカにされているとさすがに嫌になってきます。

そんな折、両親から家族旅行で温泉に行こうと言われます。
仕方なく参加することにした主人公ですが、なんと言い出しっぺの両親が旅行当日に別の用事で行けなくなってしまいます。
あの葵と二人きりで温泉旅行なんて考えられないので、やめようかと提案する主人公ですが・・・

「絶対温泉行くっ!!」

何故か葵は強硬に温泉行を主張します。
(こいつ、こんなに温泉好きだったっけ?)
疑問に思いながら結局二人で温泉旅行に行くことになってしまいます。

ところが温泉絵余光はトラブルが続発!
豪華な貸し切り湯に入ろうとしたら、先に入っていた葵と鉢合わせてしまったりします。
慌てて出ようとしたら濡れた床で滑ってしまう主人公。
なんと葵と一緒に倒れて挿入してしまいます。

とんでもない確率のラッキースケベです。
ところが、これを皮切りに葵の様子が少しずつ変化していきます。
(こいつ、発情している・・・?)
なんて疑ってしまうほど積極的に誘ってくる葵。

元々可愛い葵の誘いに抗いきれなくなった主人公。
何とかガマンしてきたのですが、葵の可愛い寝姿に理性の意図が切れてしまい・・・!?

林檎裁判

林檎裁判はかつて赤ずきんと呼ばれた女の子が自分を穢した男たちに復讐するダーク系漫画です。
赤ずきんメイジーはおばあさんのお使いに行く途中、オオカミに襲われてしまいます。

有名なストーリーですが、このオオカミとは男たちのことであり、男たちは赤ずきんを寄ってたかって性的に食べてしまいます。
もちろん嫌がって抵抗する赤ずきんですが、複数の男たちに力で対抗できるはずはなく、そのまま男たちに弄ばれてしまいます。

悲劇の結果、赤ずきんメイジーの魂は現世にとどまり続けることとなります。
メイジーの魂は林檎に閉じ込められ、ずっと復讐の機会を狙っていたのです。

このメイジーの林檎を手にするのは夜宵(やよい)という女の子。
かつて男たちに弄ばれそうになったのですが、その場にいた友達を見捨てて逃げたことによって事なきを得ています。
しかし、ヤられまくる友達を見捨てたことはずっと夜宵の心の傷となっており、友達に謝りたいとも願っていました。

そんな折、レイ撮という集団が暗躍していることを聞きつけた夜宵。
レイ撮なら行方不明になった友達のことを知っているかもしれない、あわよくば復讐もできるかもしれないと考えます。
しかし、女の子一人でレイ撮に立ち向かっても以前の様に全く敵わない可能性も高いのです。

何とか力が欲しいと思っていた夜宵。
そこに現れたメイジーは夜宵に力を貸すことを提案します。
メイジーこと赤ずきんの力を得た夜宵は、友達の行方探しと復讐を始めるのですが・・・

夜宵の想いもあるのですが、メイジーはメイジーで復習を目的としており、勝手に男たちに制裁を加えたりしています。
同床異夢の夜宵とメイジーは無事目的を果たすことができるのでしょうか・・・
林檎裁判」はこちらから読めます。

姉がゆるすぎて弟は心配です。

姉がゆるすぎて弟は心配です。はチンジャオ娘。と煙ハクのおねショタ漫画です。

性格のゆる~いお姉ちゃんはいつも弟のハルに心配をかけてばかりです。
天真爛漫でスタイルも良いので学園での人気は抜群なのですが、それだけに余計に心配していしまうハルくん。
いつか悪い虫がついてしまうのではないかといつもはらはらしながら見ています。
(父親みたいですね・・・)

そんなハルの心配をよそにふわふわしているお姉ちゃん。
もちろん何も考えていないわけではなく、いつもハルに迷惑をかけていることを気にしていました。

ある時お姉ちゃんはスーパーで怪しそうなオッサンに声をかけられます。
オッサンは芸能プロダクションのマネージャーであり、お姉ちゃんのスタイルならすぐに人気が出て稼げるバイトがあると誘ってきます。

せめて家計にお金を入れてハルを楽にしてあげたいと考えていたお姉ちゃんはそのバイトを受けてしまいます。
ところがこのオッサンが”怪しそう”ではなく、完全に黒の”怪しい”人物だったのです。
オッサンは水着モデルの撮影会と偽ってお姉ちゃんを誘い出します。

人を疑うことの知らないお姉ちゃんはまんまと騙されてしまい、オッサンのいいように使われてしまいます。
さらに契約するためにはエッチな事をしないといけないと訳の分からないウソまでつきます。
それでもすんなり信じてしまうお姉ちゃん。
ほんとうにゆるすぎます。弟が心配する理由も判りますね。

完全にオッサンのオモチャにされてしまったお姉ちゃん。
それでもはハルに心配をかけない様に黙っています。
これがさらに悪い結果を招くとも知らずに・・・

やがて、お姉ちゃんのゆるさは評判になり、ついにハルの耳にも届くことになってしまいます。
しかし、その時はすでに遅く、ハルもお姉ちゃんと一緒にオッサンの企画に出演させられてしまいます。

姉がゆるすぎて弟は心配です。」はこちらから読めます。

発情女子寮ハーレム

発情女子寮ハーレムはあまね紫狼の女子寮ハーレム漫画です。
エステの学校に通うことになった主人公の高木ですが、その学校の生徒は高木以外みんな女の子でした。
学校としては寮の完備をうたっていたのですが、男子寮なんてあるはずもなく、やむなく女子寮に入ることになってしまいます。
ところが、高木に割り当てられたのは倉庫として使われていたボロ部屋。
使わなくなった家具だらけですし、壁には穴が空いています。

実はこの穴はシールでふさがれていたのですが、シールをはがすと隣の部屋が覗けてしまうのです。
それに気づいた高木は隣の部屋の覗きを開始するのですが、ちょうど女の子が自慰の途中だったのです!
思わず見入ってしまう高木。
しかし、女の子がイく寸前に目が合ってしまいます。
女の子に部屋に乗り込まれてしまう高木。

言い逃れのしようなんて全くありません。
人生詰んだ・・・と思っていたら女の子は「ある条件」で許してあげると言い出します。
その条件とは高木のオナニーを見せること。
女の子のオナニーを見たのだから、自分にも見せろということらしいのです。

とにかく命拾いした高木ですが、とんでもないハプニングは続きます。
遅刻して教室に飛び込んだらそこでは女子生徒が着替え中(なぜか全裸)だったり、お風呂であの自慰していた女の子と鉢合わせたり・・・
エッチな事なしで卒業できる気がしない「発情女子寮ハーレム」はこちらから読めます。

やめて!そんなにされたら壊れちゃう!!

やめて!そんなにされたら壊れちゃう!!は喧嘩ばかりしている幼馴染と結ばれてしまうお話です。
先生からもいい加減にしなさいと叱られて師うほど毎日喧嘩をしている二人。
実は女の子の方は相手に好意を持っているのですが、小さいころからずっと一緒だった手前、なかなか好きと言えません。

何とか勇気を出して聞いたことは「私達将来結婚するのかな?」というかなり遠回しな言い方しかできませんでした。
しかし、相手の男は少々残念なくらい鈍感だったため、「さぁ?」としか応えません。
この生半可すぎる答えにムッとしてまた喧嘩になってしまいます。
ところがこの喧嘩がきっかけとなって相手の男の気持ちも分かってしまいます。
実は相思相愛だったことが分かった以上、ふたりの関係を邪魔するものはありません。

その日のうちに結ばれてしまい、初めてなのに4回もやってしまいます。
その日から毎日のように結ばれる二人。
相思相愛とはいえやりすぎて女の子の方はへとへとです。
タイトルが「やめて!そんなにされたら壊れちゃう!」とある通り、ヤリすぎです笑

有栖川煉ってホントは女なんだよね

有栖川煉ってホントは女なんだよね。は男装のアイドルの正体がバレて大変な事になってしまう漫画です。
有栖川煉はドラマの主演にも抜擢された人気俳優です。

ところが実は煉はいわゆる男装の麗人だったのです。
しかも、世間は煉が女の子だとは知らず、本当に男だと思っています。
もともとは芸能プロダクションの社長のイタズラ心から男として売り出したのですが、思いの外ヒットしてしまい、本当は女なんだよねとは言えない状況になってしまったのです。

結局男として芸能活動を続けていた煉ですが、それがいとこの有栖川恭平にバレてしまいます。
恭平は煉が女だという事は黙っている代わりに、様々な無茶を言い出します。
しかも悪い事に煉が恭平に対して恋心を持っていたために、今日への無茶な要求にしたがってしまいます。

調子の乗った恭平は煉の仕事中に正体がばれかねない事を平気で繰り返してきます。
その度にイタズラをガマンして何とか事なきを得る煉。
普通は恭平の身勝手さに愛想がつきそうなものですが、それでも意外に従順な煉が可愛いです。

しかし、その関係も恭平と煉のマネージャー・皐月が一晩を過ごした事で一気に変わってしまいそうになります。
しかし結局は外部からの余計な干渉という幸運も重なり、ふたりは元のサヤに戻る事になったのですが・・・
遂に恭平が一線を越えようとしてしまい・・・

子作りツアーへようこそ!

子作りツアーへようこそ!はある南国の招待券を手に入れたところから物語が始まります。
そもそも全く覚えがないのに手元に届いた無料南国ツアー招待券。
普通なら怪しいのですぐに捨てるのですが、彼女もいなくて暇をしていた男は怖いもの見たさで行ってみることとします。

招待された南の島は聞いたこともないようなマイナーな島だったのですが、そこは超がつくほどの穴場でした。
何故ならその島は女性しか住んでおらず、しかも例外なく美人なのです。
この島では昔から女性しか生まれず、また生まれた女の子は必ず美人になるとのこと。
かといって、このままでは子作りができないので10数年に一度だけ、本土から男を呼んで子供を作っているとの事だったのです。

南国無料ツアーは実は子作り孕ませツアーだったのです。
何故彼女もいないような男が選ばれたのか、選定基準は全く謎ですが、とにかく島にいる間は誰とでも逢瀬が認められた男は早速行動に移ります。
とはいえ、何をどうしていいのか判らないのでその日はとりあえず宿に泊まることにしますが・・・

ところがその宿でも10数年ぶりのお客ということでものすごい接待を受けます。
これで気を良くした男は翌日からものすごい勢いで子作りに励むことになります。
とにかく島の女性たちが子作りに協力的なので意外と簡単にことは進むかと思われたのですが・・・
続きは「子作りツアーへようこそ!」で読めます。